フラクタル日よけ設置工事

こんにちは、T’sアソシエーション徳留です。

先日京都府京都市西京区にありますコンビニ店にフラクタル日よけの設置工事を行いました。

樹木構造を取り入れ、多数の穴が開いた立体構造で大きな開放感と良好な風通しの”木陰空間”を実現した新発想のフラクタル日よけです。

設置場所を決め、はつり作業穴を掘る、割栗石を入れアンカー棒を取付丸はしらをたて下げ振りにて垂直を確認した上で柱が倒れないように

支え棒で固定自立させる。

柱の水平・垂直・対角寸法を確認の上、コンクリートを流し込む。

丸柱に梁を固定しフラクタル日よけの屋根を取付完成です。

“特徴”
●風通しがよく熱がこもらない

●フラクタル日よけの下は明るく開放的で影は視覚的な涼しさを演出します。

●素材そのものが熱を透過・吸収しにくい

 

 

外部工事、外構工事その他いろいろな工事ができますのでご気軽にご相談して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です